23時06分

顔についたうざったい髪の毛を払い取るように自分の気持ちを書き残そうと。

2017/10/20:「秋の味覚 第三弾、中山製菓のパンプキンケーキ」

こんばんは、お久しぶりです。

今週、4日間日本から大親友が遊びに来ていたので、なかなか更新できずにいました。

 

今回は、その友人にお土産として貰ったお菓子がめちゃんこ美味しかったのでブログに書き残しておこうと思ってこれを買いています。

 

それがこちら!

f:id:ponkichi2306:20171021003753j:image

中山製菓さんのパンプキンケーキです。

 

封を開けた瞬間からかぼちゃの甘い香りがして食欲をそそります。

ケーキはとってもしっとりしていて口溶けも良く、食べた瞬間に「あぁもうこれ好きなやつだわ」と確信しました(笑)

中には小倉が入っていて、かぼちゃの味ととてもよく合い、甘過ぎず程よく後を引く甘さでした。

 

どこのお店のだろう?と思い調べてみたら、どうやら決まった店舗で販売しているものではないようで、通販でも購入可能だとのこと。

海外住みの私には通販は強い味方なので(笑)、実家の分と自分の分と買おうかと思っています( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

ハロウィン仕様のようなので、おそらく秋限定なのかな?

かぼちゃのお菓子が好きな人は絶対に好きだと思います!!!

気になる方は是非お試しいただくことをオススメします!

↑何のマージンも入らないけど本当オススメ!w

 

 

これだから日本のお菓子が恋しくなるんだな〜

北欧にも美味しいお菓子はありますが、基本的に流行るものが違うのでこういったしっとりパウンドケーキ等は手に入れるのがなかなか難しいです。

何だろう、パティシエの修行先の違い?

それともお国柄の違いによる好みの違い??

普通のケーキでも生クリームを使うものはあまりないし、基本マジパンでパウンドケーキをコーティングする系のケーキばっかで全然フワッフワなケーキは食べられないし…。

普通にイチゴのショートケーキが食べたいです‪(;;)‬笑

 

p.s.

友達が来ていた時に撮った写真をちょこっと載せます(ツイッターに載せたのと一緒)

f:id:ponkichi2306:20171021005059j:image

f:id:ponkichi2306:20171021005120j:image

f:id:ponkichi2306:20171021005141j:image

f:id:ponkichi2306:20171021005158j:image

 

2017/10/09:布団から出れない季節

おはようございます。

現地時間、午前7:23を過ぎました。

6時過ぎに夫を見送ってから、いつも通りに二度寝をする予定でしたが今日は目が覚めてしまいました。

 

最近、代謝を良くするために目が覚めたら必ずコップ一杯の水を飲むようにしているのですが、キッチンに立ったところまさに北欧らしい朝がそこにありました。

 

f:id:ponkichi2306:20171009142519j:image

 

こちら、月です。

現在、日の出が7時台になってきたので、6〜7時に月を見ることができるんです。

でも、これが始まったということは、もう冬です。←

秋は終了しましたありがとうございます。←←←

 

そう、北欧に住み始めると四季がなくなります(笑)

二季くらいになります(笑)

夏か冬しかない感じです(個人的な意見)。

どういうことかというと、

・朝にちゃんと日が昇っているのを確認できるようになってきたら春

・「あぁ、あったかくなってきたな…春かな…」なんて思ったらそれが夏

・気温25度を超えた頃、もう少し暑くなるかと期待しているといつの間に秋

・「今年は何日にサマータイム終わるっけ?」なんてカレンダーを確認する頃には冬

 

日本みたいにパキッと目に見える季節の違いがないので、そういう点では日本の方が好き。

でも、こちらの夏は30度を超える日が片手で数える程しかないので、そういう点では北欧の方が好き、というかここ数年日本の夏を過ごしていないので30度超えの気温の中過ごせる自信が無いです(笑)

 

でも、あの蒸し蒸しした夏、特に夏祭りの雰囲気はいくつになっても恋しいです。

腕がペタつく中、じんわり汗をかきつつ食べるお好み焼きやじゃがバターがたまんないんだなぁ…。

(単に屋台のご飯が大好きなだけじゃね?←)

 

今年は日本に帰れないので、来年が待ち遠しいです。

 

2017/10/03:幸せ日記「秋の味覚を楽しむ part2」

「秋といえば」な果物といえば「いちじく」だと思う。

 

小さい頃からよくいちじくを食べているのだけど、意外と身の回りでいちじくを秋の果物として楽しむ人が少ない気がする。

 

f:id:ponkichi2306:20171004015338j:image

 

昔、たしか3〜4歳の頃、一年だけ東北に住んでいたことがあるのだけど、その家の庭にいちじくの木があった。

毎年毎年かならずたくさんの実をつけ、その度母がコンポートを作ってくれたり、写真のようにそのまま切っておやつとして出してくれた。

 

夫は北欧人で果物はほとんど食べない。

もちろんいちじくなんて絶対に食べない。

たしかにあの中身は抵抗ある人がいそう(笑)

でも食べてみると淡い甘さが口に広がり、スッと引いていく。

アケビとかと似た甘さだ。

優しい甘さ、クセになる。

 

もしスーパーや八百屋で見つけた際には、ぜひ一度手に取ってみてほしい。

ドライいちじくなんかも女性の間では人気があるようだけど、私は断然フレッシュをオススメする。

2017/10/02:毛の話

‪いつから人間は一部の体毛を「ムダ毛」と称して処理するようになったんだろう…。‬


‪しかも女性のみ、脇や腕、脚の毛、さらには顔の産毛や指の毛をムダ毛として処理しなくてはならない。

 

おかしい。‬

 

男性は髭を整えるだけでいいのに。

 

おかしすぎる。

 


‪あぁ、欧米人の黄金の毛が羨ましい。

 

腕の毛や脇毛なんかは、ほとんど見えないじゃないか。‬

 

だからナチュラリストなんかが生まれたに違いない。

 

日本にいるナチュラリストなんてほとんどいないと思うけど、正直日本人女性のナチュラリストがいたらきっと脇毛にばかり目が行って困ると思う。

 

 

そんなわけで、体毛処理の歴史はどれほど深いのだろうかと考えつつ、薄ら寒い浴室で今日も必死に脚の毛を剃る。

 

 

「毛の話」

2017/10/02  00:02

 

 

 

これは物語なのか分からないけど、一応そうカテゴライズしておく。笑

2017/09/22:幸せ日記「秋の味覚を楽しむの会 第一回」

こんばんは。

ケータイで何かしている時にトイレに行きたくなると、そのままトイレにケータイを持っていきます、ぽん吉です。

…だってねぇ、なんかやめられないんですもん、webコミとか読んでる時とか。笑

 

 

さて、今日は昨日作った料理の話を。

 

私はかなりのYouTube中毒者でして、アンデルセンの国に移り住んでからはほぼ毎日のように動画を観ています。

感覚としてはニュースやバラエティーのようなテレビ番組と一緒です。

こちらでは日本のテレビは見れませんからYouTubeが一番手軽に日本語を聞けるツールで、インターネットさえ繋がれば時間帯を気にせず観れるところが本当にいい。

 

こちらに移り住んでからすぐにハマったYouTuberは何人かおり、今でも動画を観ているのが劇団スカッシュさん・瀬戸弘司さんetc.、ゲーム実況系だとしうさん・白凪さん・すぎひろさん・l0veさん・目軽さんetc.、美容系だとChie.Hさん・まりちゃんさん・Nami.Hさんetc.。

結構ガチめに観てるでしょ?笑

ゲーム実況はマインクラフトをやるようになってから動画を観るようになったんだけど、さかなくんとかTKくんの動画も観てます(笑)まさかのタメなんで(笑)

 

あ、話がめちゃくちゃズレてる。

 

戻しますと、最近スカッシュさんのセカンドで大地さんが美味しそうな炊き込みご飯を作ってたんです。

それを観たらもう作らなきゃ!!!ってなって、ちょうど買い物に行く予定があったのでテキトーに材料揃えて作っちゃいました(笑)

f:id:ponkichi2306:20170923031440j:image

 

昔はあのだしの味が口に合わなくて炊き込みご飯って本当苦手だったんです。

でも、二十歳を過ぎたらなぜだか急に”おばあちゃんが作ってくれる系料理”が美味しく感じるようになって、昔苦手だった切り干し大根やひじきの煮物、カボチャの煮っころがしとかも今では大好物に(笑)

高野豆腐とか煮豆も好き!(笑)

大人になるとやっぱり落ち着いた味のものが好きになるのかな〜

 

この炊き込みご飯も、ほんのり味噌を利かせた味付けで、鮭に良く合っていて本当に美味しい…!

私はごぼうとにんじん、ひじきを入れたのですが、もうどうしてこんなに美味いのか!!

大地さんは大葉とミョウガを薬味にしていて本当に美味しそうだったのですが、私はネギで(涙)

しかも今はダイエット中なので、一日一杯しか食べられない…ツラい…(涙)

けど、偽コルセットのおかげか最近お腹周りがシュッとして、同時になんとなくバストアップもできてる気がするんです!

今年中に5kgは落としたいな〜

 

具材モリモリにできて腹持ちがいいし、この秋は炊き込みご飯パラダイスになる予感です(笑)

 

 

2017/09/20:幸せ日記「ゼロ肌、良きかな。」

こんにちは、ぽん吉です。

 

昨日、職場で唇がチリチリ痒くなってきて、まさか!と思ったら、案の定口唇ヘルペスができました。

私の場合、母からの遺伝だと思うのですが、体調が悪い時、特に胃腸が弱っている時に口の周辺にできます。

これが本当にやっかいで、水疱的なものが口周りにできるので食事・メイク・洗顔・歯磨き時等に本当にうざったくて仕方がありません。

しかも、これは一度水疱ができたら薬を塗ろうが何をしようが必ず蚊に刺されのように膨れ上がり、痒みと痛みを伴います。(薬を塗らないとかなりの範囲にブツブツが出来てしまいます)

高校の時に、クラスに2〜3人は口唇ヘルペスができちゃう子がいたので、意外と身近な人もなっているのではないでしょうか?

もしそんな方がいたら「あぁ今体調が悪いんだな、痛いだろうけど頑張って…」くらいは思って欲しいです。←

 

 

 

前置きが長くなりましたが、今日は最近「おっ!」と思った化粧品の話を。

 

今年のはじめにKATEの公式サイトを覗いていたら、新しく出たリキッドファンデのサンプルを一万名にプレゼントするという企画を行なっており(噂によると今秋も10月初旬あたりまでキャンペーンしているらしい)、タダで貰えるなら♪となんとなく応募してみたら、なんも当選していたようで(笑)

今年の5月くらいに日本からの荷物に一緒に入れてもらいました。

 

そして9月。←

元々鼻の周りだけテカりやすい私はパウダーファンデかフェイスパウダーのみで化粧をしているのですが、なんとなーく「あ、そういえばサンプル送ってもらったじゃん」と思い出し、先日使ってみました。

f:id:ponkichi2306:20170920004143p:image 

 

色は01、02、04番とあり、3色×2パック合計6パックもらえました。

勿体無い気もしましたが、一つずつ開けて色を試してみて、02番のオークル・Cが一番私の肌には合っていました。

f:id:ponkichi2306:20170920004212p:image

 

私の中のリキッドファンデーションってサラサラしたオイルっぽいイメージが強かったのですが(初めて買ったリキッドファンデーションがそんなんだった)、こちらはクリームのような質感で、個人的には木の板にアクリル絵の具を塗り広げる感じでした!(わかりにくいw)

つまり、一回伸ばしただけではムラなく塗れるというわけではなく、私の場合は指で軽く叩き込むような感じに塗るとキレイに肌に乗りました。

※下地にちふれのものを使用した後

 

私はほっぺの三角ゾーンの毛穴が目立つ肌なのですが、結構毛穴もカバーしてくれて、個人的にはとっても私の肌に合っており、朝から本当に感動しました(笑)

なんでもっと早く試さなかったんだ!と後悔しつつ、いつのまにやら密林さんでアイブロウパウダーと共にこのファンデを購入☆←

母が来週荷物を送ってくれるそうなので、いまから本当に楽しみです。

 

 

アンデルセンの国に来て、ずーっと自分の肌に合うファンデを見つけられずにいたのですが、やっと、やっと!今の肌に合うものを見つけることができました。

本当は今後の為にもこちらで見つけないとと思っているのですが、なかなか良いものに巡り会えず結構お金を無駄にしているので、やはり日本のメーカーに頼ろうと思います。

 

食材や服もそうだけど、自分に合わないものにお金をかけることほど無駄なことってないと思います。

高いものを買えばいいのかもしれないですが、私はパンピーなのでそんなことしてたら破産しちゃいます(笑)

身の丈にあったもので、背伸びせずに幸せを噛み締める…。

それで十分だなぁと思う今日この頃です。

 

 

2017/09/17:嘘

K子の様子がおかしいので

それとなく探りを入れたら

どうやら元彼の浮気が原因らしい。

 

どうやら何股もしていたようで

それが原因でショックを受け

体調を崩してしまったそう。

 

仕事もまともにできなくなってしまった彼女が気の毒になり

ガツンと一言言ってやろうと

その男の元へ行ってきた。

 

すると茶髪のウェーブがかった髪の女が

その男の部屋にいた。

佐藤江◯子似のまつげバサバサの厚化粧女で

いかにも遊んでそうな人。

 

「今俺こいつがいるんで。」

「こいつだけは特別なんで、他の女との関係も切ったんですよ。」

「真面目な恋愛的なの始めちゃおっかなって思って?」

 

まるで自分がK子にした事を忘れたかのように

にやりと笑う姿を見て

心の底から怒りが湧いてきた。

 

「あ、もし何かほかにあるんだったらココに連絡してくださいよ。」

 

電話番号をサラサラと紙に書き、ピッと私に渡してきた。

 

パシャッ。

 

『やっとその番号分かったわ〜。』

『めっちゃ時間かかった。本当ガード固過ぎ。』

 

『あたし、K子の妹。あんたの人間関係ぐずぐずにするためにわざわざ近付いたんだよ、気付かなかった?』

『あんたが切ったって嘘ついた女達も、会社の人も、みーんなあんたが嘘つきだって知ってるよ。』

 

『もちろん、あんたの奥さんと子供もね。』

 

『今後の連絡はそのメインのケータイにするから。』

 

『逃げんなよ。』

 

 

そう言うと彼女は長い茶髪のウィッグをバサっと投げ捨て、颯爽と部屋から出て行った。

私もその後に続いて部屋を出た。

 

あっという間の出来事だったので、男がどんな顔で彼女の話を聞いていたのか見れなかったのが悔やまれる。

 

K子は今、笑顔で過ごしている。

その傍で何事もなかったかのようにK子の妹も笑っている。

 

 

「嘘」

2017/09/17 08:28