23時06分

顔についたうざったい髪の毛を払い取るように自分の気持ちを書き残そうと。

2017/09/17:嘘

K子の様子がおかしいので

それとなく探りを入れたら

どうやら元彼の浮気が原因らしい。

 

どうやら何股もしていたようで

それが原因でショックを受け

体調を崩してしまったそう。

 

仕事もまともにできなくなってしまった彼女が気の毒になり

ガツンと一言言ってやろうと

その男の元へ行ってきた。

 

すると茶髪のウェーブがかった髪の女が

その男の部屋にいた。

佐藤江◯子似のまつげバサバサの厚化粧女で

いかにも遊んでそうな人。

 

「今俺こいつがいるんで。」

「こいつだけは特別なんで、他の女との関係も切ったんですよ。」

「真面目な恋愛的なの始めちゃおっかなって思って?」

 

まるで自分がK子にした事を忘れたかのように

にやりと笑う姿を見て

心の底から怒りが湧いてきた。

 

「あ、もし何かほかにあるんだったらココに連絡してくださいよ。」

 

電話番号をサラサラと紙に書き、ピッと私に渡してきた。

 

パシャッ。

 

『やっとその番号分かったわ〜。』

『めっちゃ時間かかった。本当ガード固過ぎ。』

 

『あたし、K子の妹。あんたの人間関係ぐずぐずにするためにわざわざ近付いたんだよ、気付かなかった?』

『あんたが切ったって嘘ついた女達も、会社の人も、みーんなあんたが嘘つきだって知ってるよ。』

 

『もちろん、あんたの奥さんと子供もね。』

 

『今後の連絡はそのメインのケータイにするから。』

 

『逃げんなよ。』

 

 

そう言うと彼女は長い茶髪のウィッグをバサっと投げ捨て、颯爽と部屋から出て行った。

私もその後に続いて部屋を出た。

 

あっという間の出来事だったので、男がどんな顔で彼女の話を聞いていたのか見れなかったのが悔やまれる。

 

K子は今、笑顔で過ごしている。

その傍で何事もなかったかのようにK子の妹も笑っている。

 

 

「嘘」

2017/09/17 08:28

 

2017/09/15:メイクも人間関係も「ブレンディング」が命!※海外生活の愚痴もあり

今年でほぼアラサーの年に入った私ですが、ひとつ、去年と明らかに変わったことがあります。

それは「メイク」。

以前からファッションには興味があったものの、メイクにはほとんど力を入れておらず、大学時代〜社会人の時はアイメイク+たまに口紅(orリップ)で過ごしていました。

社会人になってからは仕事柄子供と触れ合う機会が多かった為ファンデーションはしない方が逆によかったのですが、上司にはよく「色付きリップでいいからしたら?」と言われていました(笑)

そんな私がなぜメイクに力を入れるようになったのか、少しお話ししたいと思います。

 

 

仕事を辞め、国際結婚をし、この涼しい国へと移り住んだわけですが、なんせやることがない。←

仕事はパートなので別に力を入れる程のものではなく、さらに趣味と言えるものが特別ないので本当にやることがない。

※私は根っからの飽き性

以前はこの国についてを綴るインスタグラムやブログを開設して活動していましたが、度重なる人間関係のストレスにより今は休止中。

どうも私は『自由気ままにできる何か』じゃないと続かないらしい。←

 

「あ、この写真ならインスタ映えするから撮らなきゃ!」

「●●さんって人から相談メールが来てる、返事しなきゃ!」

「この人はいつもコメントくれるから疲れてるけど返事書こっと。」

「△△さんって人が交流会開きたいって言うから日程決めなきゃなぁ。」

 

無償でこういうことを約二年間やってたけど、もう疲れちゃった(笑)

仕事だったらこんなん全然平気だけど、無償(ボランティア)でやってるとめっちゃ疲れる!

やっぱり仕事ってお金をもらって責任を果たすからこそ意味があるんだなぁってつくづく思う。

もちろん、ボランティアとしてする仕事に生きがいを感じて、見返りを求めないひともいる。

私自身、言語習得のためにお店でボランティア活動もしています。もう半年を超えました。

お給料出ないけど、挨拶は絶対、レジ対応はしっかりと、掃除も率先してやる、などなどスタッフの皆さんやお客さん達と和気あいあいと楽しんでいます。

 

だけど、私は本当に無償で何かをできるのは「家族にのみ」で、他人に対してそれをやっているとそのうち自分自身にあった”思いやりポイント”がどんどん下がっていっちゃって回復しないタイプの人間みたいです。

例えばお客から人種差別的セクハラ受けたり、ヘルプで行った日のスタッフに人種差別的発言されたりすると、もうそれだけでHPガンガン削られちゃってかなり凹むわけです。

 

でも誰も気にしないし、誰も気づかない。

 

そう、その場で「いやだ!」「やめろ!」「てめぇの知ったことか!」と自分で言わない限り、相手はなぁーんにも思ってないです。

無言で我慢という概念は欧米ではあまりポピュラーではありません。

嫌なことがあればその場でズバッと言うのが当たり前なところがあります。

最近は私も突然顔を触られたり、手を握られたり、または「◯◯語(この国の言葉)分かるの?w」的な感じに嘲笑われても、毅然な態度で対応できるようになって来ましたが、それでもやっぱり心は傷つきます。

 

そんな時気が付いたのが「メイクアップの大切さ」です。

 

私は特別美人なわけではないですが、普通に化粧をすれば人並みの顔(?)です。

何が言いたいかと言うと、可愛く綺麗に自分を作り上げると自然と自信が満ち溢れてくるんですよね。

また、新しいコスメを使った日なんかは自然と笑みもこぼれてきて、その日は本当にウキウキします。

さらに、嫌な奴がいても(ちょっと自慢のようになりますが)「可愛い子だから悪さしてくるんだよ、気にしないで」と声をかけてくれる人が増えたんです。

よく世間でも言われていますが、「負は負の連鎖を呼ぶ」んですよね。

これは本当だと思います。

それを吹き飛ばしてくれるのが、私にとっては【メイクアップ】だったわけです。

 

【可愛いは作れる】

こんなフレーズが一時期流行りましたが、私はこんな風に思い悩む人達に対して「グジグジしてたら身も心もブサイクになっちゃうよ!」「ウダウダ悩む暇があったら自分を可愛くしてあげなよ!」というようなエールの一つじゃないかと思っています。

 

 

最近一生懸命練習している技法?で「ブレンディング」(ぼかし)というのがあるのですが、だんだんと自然にできるようになってきました。

f:id:ponkichi2306:20170916045332j:image

写真だと分かりづらいですが、スモーキーアイズの練習をしたときのもので、今までで一番うまくいったので記録しておきました(笑)

私の好きなMUAのChie.Hさんも言っていましたが、練習あるのみ!

もちろん良い筆を使えばテクニックいらずかもしれませんが、思考錯誤していく過程が本当に面白いです。

 

 

嫌な奴に会っても、その嫌な気持ちも上手にブレンディングして、自分の心の強さに変えていけたらいいなぁと思う今日この頃です。

 

 

2017/09/12:幸せ日記「秋の50%off」

久々の幸せ日記。

 

今日、仕事終わりにフラッと立ち寄った洋服屋さんで可愛い花柄のワンピースを発見。

あかね色でちょっとレトロな雰囲気の漂う花柄、まさに私好み♡

私は鮮やかな赤が似合わないのですが、彩度が暗めの赤だと合います。

 

しかも定価が日本円にして6千円のワンピがセールで50%off!

買うしかないでしょ!(笑)‬

f:id:ponkichi2306:20170913061916j:image

‪背中がちょっぴり開くデザイン。とても可愛い。‬
‪カーディガン羽織ってタイツ穿けば9〜10月いっぱいまでいけそう。‬

モデルさんは膝小僧が出ているけど、私が着たらひざ下だった事はナイショ。

 

つくづく「50%off」っていう言葉は本当に女性の心をかき乱す魔法の言葉だと思うなぁ。

少なくとも私の心はいつも50%offの言葉に揺り動かされます。

 

皆さんはどうですか。

どんな言葉につい翻弄されますか。

 

2017/09/11:猫のしっぽ

水面に浮かぶ 波模様

ひとたび触れれば 次の波へ

その波は 一体どこへ行くのか

見えずとも またここに

戻って来るのだろうか

 

 

「猫のしっぽ」

2017/09/11 14:08

2017/09/06:今日の私の色 + 今秋を読書の秋にしたい話

f:id:ponkichi2306:20170906185930j:image

ちょっと黄色みのある茶色っていうのかな?

これくらいの髪色の子、結構いない?

昔アッシュにして、色が抜けてきた時こんな感じの色になった記憶が。

 

にしても「朽葉(くちば)色」って名前のセンス。

たしかに秋や冬に公園でよく見る色!笑

「落ち葉色」だったら赤とか黄色も想像しちゃうけど、「朽葉色」なら絶対に茶色を想像できるよね。

言葉って面白い。

 

ーーーーー

 

こちら、今日は朝から雨でして、現在気温は16度。

ぐっと秋感が深まってきました。

今秋は「読書の秋」にしたいので、現地の言葉の勉強も兼ねて、図書館で子供用の本を借りてくる予定です。

※大人向けの本(小説や伝記など)は絶対に辞書無しで読めないし、何より初級レベルの私には到底読めない単語や熟語が多用されているため手を出せません

日本でいう古事記枕草子のような古い言葉がこの国にもあり、一度中期〜現代辺りのものを少しだけ読んでみて「おもしろい!」と思ったものの、1章和訳するのに一週間以上かかったのでやめました(笑)

勉強するならサクサク読めるものをガンガン読み進めていく方が、時間もかからないし、知識も増やしやすいし、効率がいいですね。

 

でも、元々暗記系が苦手な私。

役者のように口に出してそのあと忘れてもいいような場合(例:英語の暗唱とか)なら大丈夫なのですが、社会科の勉強だけは本当に苦手で好きな分野・好きな時代ならまだ覚えていられるのですが、大体は脳みその引き出しの中にすら入りません(笑)

言語も同じ。

毎日話していればそのフレーズはすぐ使うことができますが、単語を覚える、慣用句を覚える、となると途端にイライラ(笑)

とにかく、なにごとも覚えるって大変だなぁ。

 

老化に負けず、脳みそのシワをこれ以上減らさないよう頑張ります。

 

2017/09/03:公開ダイエット始めます。

今年に入ってからのんびりダラダラとダイエットをしている私。

去年のMax体重は66kg(あえて身長は明かさない)。

そこから半年程かけて、食事制限(かなり薄めのお粥+少ない量のおかずを食べる)で5〜6kg落とした。

でもそこからなかなか減らない。

ちなみに運動らしい運動はしておらず、出勤時・買い物・散歩等で一時間は必ず歩いているくらい。

 

今は仕事のプレッシャーだったり、夫婦関係の不安だったりでイライラしてジャンクフード(マックのポテト最高←)を食べることがあるので、自由気ままにやる食事制限にはどうしても限界がある。

それにいちいちカロリー計って〜とか一人お粥生活〜なんてやってたら、別で夫の飯作るのが嫌になってしまったのでやめてしまいました(笑)

↑一人お粥食べてるのに目の前でステーキ食ってるんだよ、ムカつくでしょ(笑)

 

というわけで、折角新しく始めたblogでネタにしつつ、公開ダイエットをしてみようと昨日思いついたので、即実行。

 

f:id:ponkichi2306:20170903165534j:image

f:id:ponkichi2306:20170903172837j:image

f:id:ponkichi2306:20170903173753j:image

1) 朝に計測した体重。

2) スリム効果のある引き締めタンクトップ?を着用中→お腹をめくる(妊娠はしておりません!)

3) 太り具合がわかりやすい顎周りの肉、元々ない顎が肉により消滅w

 

元々お粥が苦手なのにサラッサラのほぼ水みたいなお粥を一日二食食べ、夫には肉を用意し調理しなくてはならなかったあの苦痛…。

ま、太った自分が悪いんですけど_(┐「ε:)_←

 

それにしても、歳をとるって本当にツラい。

体重が全然減らない…。

芸能人がどれだけ苦労してあの細さをキープしているのだろうと考えると本当に尊敬する。

三十路迎える前にはどうにかして50kgにはなりたいな〜

そしたら美容体重?モデル体重?域に入るから、服も新調して絶対リバウンド出来ない環境に追い込むんだ…。←

 

 

このダイエットはリバウンドを絶対にしないためにも長期間で行う予定です。

「短期間で◯◯kg落とした!」みたいなのが見たい方は、ようつべとかにいっくらでも転がっているので是非そちらをご覧ください(笑)

 

この一ヶ月はまた体をダイエットに慣れさせるためにも、食事制限を少しずつ加えて、運動量をどうにか増やしたいと思います。

あと、お水をたくさん飲んで代謝を上げるのもいいと聞いたので、一日少なくとも1Lは水を飲むよう意識してやっていこうと思います。

 

将来病気とは無縁な生活を送るためにもがんばるぞー٩( ᐛ )و☆

2017/09/02:今日の私の色

f:id:ponkichi2306:20170902173316j:image

 

今日の私には「群青色」が良いそうです。

 

群青色ってたしか12色入りのサクラクレパスか何かにもデフォで入ってる色だよね?

↑私が幼少期に使っていたクレヨンの中にはあった

私は昔から青とか緑が好きで、今でも身の回りのものは青系が多いです。

でも、最近黄色やオレンジにハマっていて、たまに着ると気分がシャキッとします。